うちの子に合うのはどんな保育園? おさえておきたい保育園の種類と特徴

うちの子に合うのはどんな保育園? おさえておきたい保育園の種類と特徴

うちの子に合うのはどんな保育園? おさえておきたい保育園の種類と特徴

保育園とは、両親が共に働いている、病気である、など家庭において十分に子どもを保育できない場合に、家庭に代わって0歳から小学校入学までの保育を行う「児童福祉施設」です。保育園と一括りで呼んでいますが、その中でいくつかに分類されています。また、園によって保育の方針も様々です。今回は、保育園の種類と特徴、その中で何に着目して希望園を決定すればいいかをご紹介いたします。

【おおまかな分類を把握しましょう】

主に国の基準を満たしているかで分類されます。基準とは、施設の広さ・保育士の数・給食設備・防災管理・衛生管理などの一定条件のことです。認証保育園は、都内で広い土地が確保しづらいことから、園庭がないなど設置の基準を満たせていません。

■認可保育園

国が定めた基準を満たしており、各都道府県知事が認可

  • 公立保育園 …市町村が運営
  • 私立保育園…企業や社会福祉法人など民間が運営

■認証保育園

国の定めた基準は満たしていないが、東京都独自の基準で認証

  • A型…駅前に設置することを基準
  • B型…保育室制度からの移行が中心

■認可外保育園

国や自治体の基準をを満たしていない

【それぞれの特性を知りましょう】

保活をする際、月謝の安さや国や自治体の基準を満たしているとの安心感から、多くのパパママは認可保育園→認証保育園→無許可の優先順位で希望園を探します。

■認可保育園

保育料は月額2~4万円程度。国の規定に従って運営されるため、延長保育や一時保育など個々のニーズに応えきれない面があります。

公立保育園

比較的ベテラン保育士が多く、障害児の受け入れも積極的なことが多いです。開園時間が短かったり、建物が古かったりすることがあります。

私立保育園

比較的、職員は若い先生が多く入れ替わりも多い園もあるようです。開園時間が7時~20時/21時までが多く、習い事を取り入れている園もあります。

■認証保育園

保育料は月額7~8万円程度。認可保育園より規定が緩いため、認可園よりサービス面が手厚く、保護者の労働力の負担が少ないところが多いです。

A型

0歳保育の実施が決められているので、保護者の方の多様なニーズに応えることが可能です。駅前のため園庭がないこともあり、気軽に戸外遊びができないことがあります。

B型

0~2歳までが対象。3歳になったら別の保育園か幼稚園に行かなければなりません。小規模で家庭的な保育を行うため、保育士の目が行き届きやすく安心です。

■認可外保育園

一般的には認可園・認証園より高額。国や自治体が定めた基準は満たしていないが、逆に、夜間保育や休日預かり、英語教育など様々なニーズに応えることができます。

保育料は、園が自由に設定しています。ベビーホテルや企業内・院内保育所なども認可外園に含まれます。

【数字や基準では測れないところを確認しましょう】

ここまでにご紹介した内容で、月謝の金額・保護者の労働力の負担量などから、自分達にとって望ましい保育園はどこに分類されるか大まかな見当はついたのではないでしょうか。ここからはまた別の角度で確認していきましょう。

1. 園の経営方針とわが家の方針は合っているか?

保育園ごとに方針が違うので、ご家庭の方針と合う園を見つけましょう。のびのびと遊ばせたいのか、習い事や教育に力を入れたいのか、園のカリキュラムを比較検討してください。

小学校受験を希望する場合は、民間の保育園がオススメと言われています。民間の保育園では著名な教育プログラムを取り入れているところも多く、乳児期から小学校就学前まで長期間の積み重ね学習ができます。また、英会話など習い事に力を注いでいる園もあります。こういったところであれば、別で習い事に通わせる必要がなくなります。

2. 保育の内容と方法を見る

保育園は、園児の年齢の幅が広く、一日の大半を過ごすので、子どもの負担にならないような配慮や工夫をしているところを選びましょう。保育士が園児に指示を与えるだけでなく、ほめる・認めるなど子どもが喜ぶ声がけをしているか、見学時に注意して聞いてみてください。また、園の保育士が、正規職員、アルバイトなどどのような割合で構成されているかも確認してみてください。

園内や園庭の整理整頓が行き届いているかも重要です。物が落ちていると、誤飲や怪我を誘発します。また、部屋が雑然としていると、他の面もだらしない可能性が高いです。保育士の服装や髪型など身だしなみが、子どもと接するのにふさわしいかどうかも見ておきたいところです。

おわりに

保育園は大事な子供を長時間預けるところですし、パパママのニーズにも合った園を選びたいですよね。ご家庭が保育園に望んでいることはなんなのか、一度紙に書きだしてみましょう。考え方が整理されて、望んでいるものがはっきりわかるのでオススメです。

The following two tabs change content below.
保活ナビ

保活ナビ

保活の基礎知識と、よくある質問をまとめたサイトです。都市部では保育園の定員に対し子供の数が圧倒的に多く、どこにも入れないという場合もあります。このサイトで得た知識を活かして、有意義な保活に励んでください。

SNSでもご購読できます。