保活の新たな選択肢!? 認定こども園・保育ママってどんなところ?

保活の新たな選択肢!? 認定こども園・保育ママってどんなところ?

保活の新たな選択肢!? 認定こども園・保育ママってどんなところ?

都市部では保育園の定員に対して希望する児童の数が相当数上回り、待機児童の問題が深刻化しています。そこで、受け皿を少しでも増やすために国や自治体も新たな試みを開始させています。その中でも、「認定こども園」「保育ママ」は具体的に保活の選択肢として考えているパパママもいるのではないでしょうか。今回は、まだまだ認知度が低いこの二つの制度についてご紹介いたします。

【認定こども園とは】

■認定こども園ってどういう制度?

《運用》

認定こども園とは、幼稚園と保育園の機能を複合させたものです。保育と教育を一体的に行い、小学校入学時に必要な集団生活の基礎を作ることを目標とした質の高い幼児教育を目指しています。

同じ施設に保育園と幼稚園があり、3歳未満は保育園、3歳以上は幼稚園として通います。保護者が働いている家庭は、幼稚園の保育時間の後に延長保育で対応します。

《管轄省庁》

保育所は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と管轄が異なりますが、認定こども園は内閣府が管轄のため二つの省が共に関わっています。

《分類》

国が定めた基準を満たしているかどうかという法的観点から、幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型の4つに分かれます。この中で特に国が推しているのは幼保連携型です。

幼稚園型・保育園型は、既存の認可幼稚園・保育園が、預かり保育の時間を増やすなど機能を拡大し充実させることで、こども園として認定されます。

■認定こども園のメリット・デメリット

《メリット》

  • 共働きか専業主婦(夫)がいるかなど、保護者の仕事の有無に関係なく入園を希望できます。
  • 保護者が失業した場合や妊娠をして産休に入った場合なども、継続して利用できます。
  • 子育て支援の場も兼ねるので、通園してない家庭も子育て相談や交流の場として活用できます。
  • 3歳未満から保育園に入園している場合、幼稚園に上がるときにも慣れ親しんだ友達と一緒に同じ施設にそのまま通えるので、幼稚園生活に馴染みやすいです。
  • 歳の離れた子が同じ施設にいることで、兄弟姉妹がいるような異世代交流ができます。
  • 保育園と幼稚園で子どもたちについて情報交換ができるので、幼稚園の早い時期から子どもの性格や発達に合わせた接し方をすることができます。

《デメリット》

  • まだ月謝の格差が整備されていません。低所得世帯が不利にならないための助成制度はありますが、私立と公立では保育料が3倍以上違う地域もあるようです。
  • 働いている親と専業主婦(夫)とで、PTA活動や園行事に温度差や負担差が出るのではないかと懸念されています。
  • 保護者の仕事の有無に関係なく入園を希望できるとありますが、実際には保育園部分の枠は少なく、従来通り共働きで点数が高い家庭しか入れない自治体が多いです。

【保育ママとは】

■保育ママってどういう制度?

《運用》

保育ママとは、保護者が仕事などで子どもを保育することが困難であるにもかかわらず、保育園に入園できない子を家庭福祉員が自宅で世話をする制度です。主に3歳までの乳児の保育を行います。

待機児童問題が深刻な都心部では積極的に取り入れていますが、自治体によっては保育ママという制度自体がないところもあります。

《保育ママになる資格や条件》

保育ママになるには、自治体から認定される必要があります。自治体によって資格や条件は異なりますが、多くは、保育士・幼稚園教諭・助産師・保健師・看護師など、子どもに関わる資格を取得している人を認定しています。

資格を取得していない人が保育ママになる場合は、各自治体が研修を行い必要な専門知識を習得した後に認定されます。

《保育ママの仕組み》

一人の保育ママに対し、預ることができる子どもの人数は3人までです。ただし、保育ママと補助者がいる場合は5人まで預かれます。

大体午後6時まで保育時間8時間を基本として、別途時間外保育を行うことも可能です。保育料の相場は一か月あたり20,000円から25,000円ほどで、時間外保育の場合、1時間500円ほどの費用が発生します。別途、保育ママには子ども一人当たり70,000円から85,000円程度の補助金が支給されます。

■保育ママのメリット・デメリット

《メリット》

  • 保育園の空きの少ない0~2歳児の保育をしてくれます。
  • 親が支払う保育料が月額20,000円前後と安いです。
  • 親の介護、出産、求職、就学、資格取得といった事情でも、預けることが可能です。
  • 集団保育でない分、伝染病や風邪などにかかりにくいです。
  • 少人数保育なので目が行き届きやすく、育児についての個人的な相談がしやすいです。

《デメリット》

  • 預かれるのが3歳までなので、それ以降は保育園を探す必要があります。
  • 保育ママが休暇を取る場合は、親が休みを取って対応しなくてはいけません。(他の保育ママと連携していたり、連携保育所が割り振られていたりして、代替保育が可能な場合もあります)
  • お弁当、おやつ・おむつ・お尻拭きなどを保護者側が用意するので、その手間がかかります。
  • 保育ママによって、散歩時間・着替えやおむつ替えの回数等が変わります。人によって資質・環境の差が大きく、第三者の目がありません。

おわりに

認定こども園も保育ママもまだ新しい制度で、今の時点でしっかり整備されているとは言い難いので、パパママによっては抵抗があるかもしれません。ですが、保育園見学と同じく、実際に足を運んで施設の雰囲気を感じてみてください。かえって、認可園よりもご家族の生活スタイルやお子さんの性格に合うかもしれません。お子さんを待機児童にしないためにも、選択肢を増やして広い視野で保活をしてみましょう。

The following two tabs change content below.
保活ナビ

保活ナビ

保活の基礎知識と、よくある質問をまとめたサイトです。都市部では保育園の定員に対し子供の数が圧倒的に多く、どこにも入れないという場合もあります。このサイトで得た知識を活かして、有意義な保活に励んでください。

SNSでもご購読できます。