いよいよ保育園デビュー! 入園準備って何をしたらいいの?

いよいよ保育園デビュー! 入園準備って何をしたらいいの?

いよいよ保育園デビュー! 入園準備って何をしたらいいの?

多くの認可保育園では入園の承諾通知が、1月の後半から3月にかけて通知されます。到着するまでヤキモキしながら毎日ポストを確認するパパママも多いことでしょう。やっと承諾通知が届いた時に、「半月で入園準備をするなんて間に合わない」「何から手をつけていいかわからない」などとならない為に、今回は保育園の入園準備についてご紹介いたします。

【基本の持ち物を把握しましょう】

入園時に準備するものは園によって違います。ここでは、多くの園で必要とされているものをご紹介いたします。入園が決まると、園から準備をするもののリストが配られますので、そちらで正式な持ち物は確認してください。

■毎日持っていくもの

  • 肌着3枚(半袖もしくはランニング)
  • Tシャツ3枚(長袖可だが基本半袖)
  • ズボン3枚(飾りがついていないもの)
  • エプロン3枚(マジックテープでとめられるもの)
  • 紙おむつ5枚(名前を書く)
  • 保育園バッグ(ポケット付き)
  • ビニール袋2枚(汚れ物を入れる)
  • お手拭きタオル2枚(室内用・トイレ用)

■1週間ごとに持っていくもの

  • 敷き布団カバー
  • 毛布カバー

【持ち物の用意をしましょう】

《衣類(肌着・Tシャツ・ズボン・エプロン)の用意について》

衣類の量の多さにびっくりしませんでしたか。おやつを含め3回の食事があるので、同じ枚数の着替えが必要になります。保育士さんが大勢を着替えさせるので、飾りやフードがなく脱ぎ着しやすいデザインのものを指定されます。

とにかく枚数が必要なので、安売りのベビー用品店でまとめ買いしたり、古着に抵抗がなければフリマアプリなども活用したりしましょう。

《紙おむつの用意について》

こちらも大量に必要になります。ワーキングママが、大きなオムツのパックを買いにいくのはスケジュール的にかなり大変なので、通販の定期便などで自動的に届くようにしておくことをオススメします。

《カバー類(敷布団・毛布)の用意について》

園によってサイズがまちまちです。そのため、上に兄弟がいても、別の園であれば購入し直す必要があります。園によって、カバーだけでよいところとタオルケットなどを各自用意するところがあるので、リストをよく確認しましょう。

【手間と費用、どちらかを選びましょう】

保育園に通うワーキングママは仕事と家事と育児で毎日ヘトヘトです。費用をかけることで毎日の手間が省けてストレスが解消されたら…、でもお金がかかるならこのくらいは自分で…、などそれぞれの生活や価値観でコスパを考えてみましょう

《洗濯乾燥機》

費用としてはかなり大きいですが、仕事の繁忙時や梅雨の時期に毎日大量の服やタオルを洗濯するのは至難の業です。思い切って洗濯乾燥機を購入するのも一つの手です。

《オムツスタンプ》

多くの保育園ではオムツに名前を書いて渡すことが必須です。毎日5枚分をいちいち手で書くのはとてもめんどうな作業です。ネットなどでお子様の名前のおむつ用のスタンプを作ることが出来ます。オムツのおしりの部分にスタンプをポンポン押すだけなので、前日の準備に時間をとられません。

《名前シール》

保育園では、おむつに限らず持ち物のほぼ全てに名前を書くことが必要です。時間の節約や見た目のキレイさを考えると名前シールは作っておいたほうがよいと思います。サイズ別や、シールタイプ・アイロンプリントタイプなど幾つか種類を用意しておけば、新しい持ち物が増えた時にそれを貼るだけで済みます。

《袋物のオーダー》

指定の大きさの保育園バッグやお弁当袋、本来は手作りがよいのでしょうが、お裁縫が苦手なママさんは気が重いのではないでしょうか。ネットや手芸店などで、指定のサイズでオーダーできるサービスがあります。ミシンを持っていないご家庭はオーダーしてみてもいいかもしれません。

【気持ちの上でも入園準備をしましょう】

《夜更かしをさせない》

親と同じ生活リズムで夜更かしをさせてしまっている場合は、保育園に入る前に、通園前に朝ごはんと排便を済ませられるような生活リズムに切り替えましょう。保育園は午前中に遊びの時間が設けられていて、寝ぼけている状態だと怪我をしやすくなります。

《規則正しい食事をこころがけましょう》

ミルクを飲みながら眠らせたり、おやつを不規則な時間に与えたりするのはよくありません。保育園に向けて、決められた食事時間に食べることを習慣づけておきましょう。また、おやつを頻繁に食べることは虫歯ができやすい口内環境をつくってしまいます。

《病時を除き、毎日入浴させる》

乳児でもそれなりに運動をし、汗をかきます。食事や排泄の汚れも残っています。毎日入浴をさせて、清潔に保ちましょう。清潔でない子供は免疫力が低く、保育園で病気をもらいやすくなります。

おわりに

入園準備で必要なものを買い揃えることも大切ですが、保育園の準備期間を迎えたということは親子でべったり過ごせる時間があと僅かということです。職場復帰して忙しい日々が始まる前に、昼間にベビーカーでゆっくりお散歩をしたり、たくさん絵本を読んであげたり、今しかないお子様との時間をじっくり楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
保活ナビ

保活ナビ

保活の基礎知識と、よくある質問をまとめたサイトです。都市部では保育園の定員に対し子供の数が圧倒的に多く、どこにも入れないという場合もあります。このサイトで得た知識を活かして、有意義な保活に励んでください。

SNSでもご購読できます。